由良川

それでもわたしたちは犬と暮らす

5月5日 午前5時35分、
長い時間を一緒に過ごした友人のワイマラナーがその犬生を閉じました。
行年19歳。ワイマラナーの平均寿命を考えるとありえないほどの、あっぱれな大往生でした。思い出の写真とともに、今思うことを思いのままに綴ります。

ディアナ

繁殖するということ

ワイマラナーは日本国内でもずいぶん増えましたが、プールはまだまだ狭い。
狭いなかでブリードを続けると、遺伝疾患の陽性やキャリアがぶつかり、重篤な遺伝病を発症する子が生まれます。