お誕生日と、獣医師いろいろ

ダックス

2022年4月2日。我らがエピ、無事に3歳になりました。
お誕生日はキリがいいので、健康診断の日にしています。
朝ごはんを抜いて病院へ—

この日はついでに確認したいことがあったので、我が家2番目の御用達の病院へ。

1.気になっていたことの相談

股づれ

↑これね。脇の下の黒ズミと皮膚が少しよれ気味なの。特に痒がっている様子もないし、股ずれみたいなものかと思っているんだけど、本当にそう思ってて良いのかの確認を。
担当獣医師が「カビかも?」と言うのでカビ検査。→結果、カビはいないしたぶん股ズレかな?様子見しておいてくださいって診断だった。「様子見」ってあまり好きではない答えだけれどこの場合は仕方がないかな、もしダックス飼いさんで同じような症状の経験がある方は教えていただければ嬉しいです。

次いで健康診断のための血液検査。→結果は後日みたい。この検査は私の義務みたいなもので、現状は特に表から見て気になる症状はないのできっと大丈夫。

2.内視鏡での胃固定手術の相談
ディアナが来月で8歳になるので、そろそろ、と思っていました。この病院は町の病院だけれど高度医療機器が揃っていて手術の技術は高く、頼もしいのです。が、院長にその話をしかけて度肝を抜かれてしまいました。・・・・あまりにも私が経験してきたことや知識と違ったので・・。

私)うちのワイマがもうすぐ8歳になるのでそろそろ胃固定を
先生)ワイマ?胃捻転の好発種か??
私)はい、私のまわりのワイマ漏れなくなってます
先生)[ここでわざわざ学術書持ってくる]ほら、ワイマの欄にそんなの載ってない
先生)そもそもやるならもっと早くやっておけばよかったのに。みんな避妊手術の時についでにやったりしてる
私)え?高齢になって胃を支えてる靱帯が伸びてくるから、あまり若年でやっても意味がないって聞きましたけど[これは別の獣医から聞いた]
先生)そんな研究報告はないよ。高齢になって胃拡張は増えてくるけど、そこから胃捻転に転じる率はかなり少ない
私)うちの犬は2頭とも胃捻転で、腹を開けて捻転確認してます。友人の犬も同様でしたが

・・・と、まぁこんなやりとりでお忙しい先生なので話途中でどこかへ消えましたが、ほぼこちらでお願いしようと思っていただけになんだか納得のいかない感じになってしまいました。
しかもあとで家に帰ってよく考えてみたら、「私のまわりのワイマ」はここ20年ですぐに名前を言えるだけで10頭を越えるし、靱帯が伸びてくるってのもやはり原因の1つに記されてるし(ネット調べだけど)、胃拡張から胃捻転に転じる率は胃拡張までで収まる率より圧倒的に高かかった(ネット調べだけど)。

内視鏡で胃固定予防術をできる病院は増えてきているので、もう少し調べてみようと思います。知識も技術も(ついでに自信も)圧倒的な先生のため、私の方が間違っていることもあるのかもしれないけれど、やはり納得できてからでないとお願いしにくいし。

<気を取り直して>
お誕生日ディナー。


犬の夜ごはん子羊肉を炙ったものと、わりと薄めのマッシュポテトをトッピング。皆さん良い食いつきです。

お誕生日ケーキ

今回のお誕生日ケーキは友人特製カップケーキ。この薔薇に大変時間がかかったそうです。イツモアリガト。
アラレに見えるのはチーズボールだよ。


桜の季節ですね。(左上:セレスティン 右上:エピ 下:マドレーヌ)
人出も多いこの季節。1頭1頭、桜を見せに繰り出しています。
桜

桜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。