べったりな子

ワイマラナー

ショーマナー

まだまだ線の細い子だけれど、今週末からルーイのドッグショー後半戦が始まります。
そろそろちゃんとポイントとっていかないとな、と気を引き締めながらも、気負うことなくやっていけたらと思っておりますーー。

weimaraner普段べったりな2匹の牡。・・・というか1歳のセレスティンがルーイお兄ちゃんにつきまとう。
セレスティンは常に誰かと一緒にいたい子。現在わたし(人間)もほとんど家にいるため「ひとりにされる」ことにストレスがかかるみたい。

多少なら可愛い気がある で済むけれど『度を超してる、これはいけない』と感じ、少し前から家族ではない人に定期的に半日ほど連れ出してもらうようにしています。初日は移動中にもバリケンの中で泣き叫び続け、吐くは脱糞するわ大変でした(連れ出した人が)。


連れ出し2回目。名前の呼びかけに反応。
3回目。挙動不審ながらもリードでコントロールができた と。
4回目。呼びかけはもとより、トリーツも食べた。試しにロングリードにして距離をあけたら再び挙動不審になった と。

レベル低くてびっくりするでしょう?でも少しずつでも確実に変わってきていることが大切。「ワイマラナーは分離不安症になりやすい」とよく言われるけど、我が家の歴代の犬たちで家族ではない人の力を借りようと思ったレベルはセレスティンが初めて。それぞれにいろんな個性があります。

家の者しか扱えない犬にしたくない。ママや兄弟がいないと強烈なストレスがかかるような子のままではいけない。・・・お金かかるけど、今は仕方がない。仕方がないというか、費用面を抜きにすると、わたしは自分の犬を人に触ってもらって違う世界を見せてもらえることがとても嬉しいんですよ。良くはなっても悪くなることはないと、安心してお任せできる人がいるってことは、とても有り難いことです。


 

ラシク・ラシクシリーズ!お待たせいたしました!3商品揃いました
シリーズ一覧はこちら ▽こちらからもすぐに買えます


ワイマラナー

 
ゼウスLey-Lineで保護中のゼウス。
可愛いグレートデーン男子です。12月で8歳になる。デーンなので8歳はハイシニアになるかもしれませんが、今は16歳まで生きた子もいるから、まだまだ先はあるかもしれない。Ley-Line代表の家で保護されているから今も幸せではあると思うけれど、やはりこの子だけの家族を見つけてあげたい。
憧れだけで飼える犬種ではありません。なかなかのワンオーナードッグなので始めは苦労するかも。それでも「我こそは」という強者はぜひご連絡くださーい!
ゼウスの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です