今日はsnowyの検診でした。レントゲンを撮って、順調に回復していたらムチウチ輪っかがはずせる日。
んが、しかし。

診察室で待っていた私たちのところに、先生は険しい表情で入ってこられました。
元日から2日にかけてのあの症状の原因もハッキリしました。

・・・留めていたボルトが1コ、抜け落ちていたのです。レントゲンには首の肉の間にまるでアニメに出てくる地層のような感じで3mmのボルトが浮いていました。
おそらく抜け落ちたときに激痛が走ったのだということです。

先生も信じられない・とのお顔。
安静にしていたはずなのに・・・、、頻繁に首を振っていたのが災いしたのかしら。。
幸いsnowy自体は元気この上なく、抜けたボルトも今後悪さをするとは考えにくい、とのこと。
ただ。
他の生き残ったボルトで充分支えられるが、一部、まだ緩んできているものも見受けられる。かなり心配とのこと。

ということでsnowy、退院時よりも強力な外固定をさらにあと2週間。アンド逆戻りで外出禁止例。

これで2週間後、骨とチタンの融合がこのまま進めばよし。
でなければ再手術だそうです。いくら所見状況がよくても再手術。。避けたい、避けたすぎる。

よく言われることだけど、カミサマは乗り越えられない試練を課すことはない。んですよね?
もうそう思って耐えるしかありませんが。
けど、snowyにはもうこのくらいにしてやってくださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です