発端は避妊手術

weimaranerよく馴染みのカフェで会う人と、今、うちの犬がVRセンターに入院していると話をしていた。
「実はうちも以前お世話になったのよ〜」と、その飼い主さん。
経緯はこうだった。
1/まず、誰もがするように近くの獣医さんで避妊手術をした
2/避妊手術に使った糸が安物だった(?)のか、中の内臓がアレルギー反応を起こして腫れてしまい、糸と肉が絡んで大変なことに
3/違う近くの病院で再度その糸を外し、縫い直してもらったがそこでも変な糸を使われ、今度は腎臓が破裂
4/VRセンターに駆け込み、腎臓をひとつ除去しなんとか命が助かった(合計約40万)

避妊手術に失敗した例を初めて身近で聞いた。
またこれは、ワイマラナーではなくダックスフントの話。皮膚トラブルの多いワイマではもしかすると、糸にアレルギー反応を起こすコもダックスより多いかもしれない。
避妊手術は成功率の高い手術だけど、手術には変わりはない。みなさま、お医者様選びは慎重に・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です