我が家の2010年末

11月にお腹を切ったolive。あれから回数を増やして1回分の食事量を減らし、1日の総合食事量も若干減らし、すっかりスリムになりました。本人も調子がよいみたいで、なんだかピョンピョン飛び跳ねる頻度も上がったような気がします。
先日は術後はじめての川遊びへ。この寒さですから泳がせないですけど。oliveにとってはおそらくこの地は楽しい思い出しかない場所です。自信と期待に満ちあふれた、私の大好きなワイマラナーらしい顔にもどってくれました。

今朝までのsnowy。上半身を青いテープでグルグル巻きのコです。寝ている時間が多くなりましたが、それでも昨日の晩くらいから、いつもの声が戻ってきました!元気に吠えたりからかいの声を上げたり。本来はダメな行動ですけど、今のsnowyには思わず「よかったね!」と言わずにはいられません。


そして今日は待ちに待った抜糸の日でした!皮膚は問題なくキレイにひっついていましたよ〜!!

先生によるナックリングのチェック。
前肢は正常に戻りました!
後肢は・・あと1ヶ月ほどでおそらく正常に戻るとのこと。ウォブラーは首の問題ですが、前肢より後肢に症状が出やすいのだそうです。
私は今日、レントゲンを撮って、それで問題がなければこのムチウチ輪っかともおさらばだと思っていたのですが
「念には念を入れて」という先生の意向のもと、あと2週間固定されることに。
それでも、前回は上半身ほぼすべてを覆われていたものが首だけになり、snowy本人もずいぶんストレスも軽減されたかと思います。(肩のあたりを執拗に痒がってたし;)
しかもこれから2週間は、15分ほどの歩くお散歩を許可されました。今まで2週間、外に出ていなかったので、リハビリも兼ねています。
これが今のsnowy。

(本当に個人的主観ですが、ピンクはsnowyのイメージカラーなので、ちょっと嬉しい)
模様がイタグレみたい。。。いや、やはり随分首を切っています。右肩の剃られている所は、肩の骨を拝借した跡だそうです。

・・・こんな感じでここ2ヶ月、我が愛犬にとって いろいろつらいことが続きましたが、なんとか乗り越えられそうです。ご心配や励ましをありがとうございました。

2011年がみなさんとご愛犬にとって、幸せな一年になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です