学習能力はさすが

保護一時預かりしているレッドボーンクーンハウンドのHaloちゃんですけどね、さすが実猟犬だったんだなぁと思うところが随所に。とにかく憶えがいいです。もともと家庭犬のマナーが皆無なところからのスタートなのですけど、他の子と比較してみても。

初日から2〜3日はフードボウルを見ると飛びかかってきていたので、1人がリードで抑えてもう1人がマテをさせて・・。とやっていたんですけど、我が家に来て今日で6日め。お座りして待てるようになったので、1人でも給餌させてあげられます。

レッドボーンクーンハウンド食べるスピードも悪くないです。
所定の位置でのワンツートイレも2回ほど教えただけで覚えました。室内でマーキングすると怒られることも理解したようです。


ワイマラナー

我が家の犬たちとも徐々に打ち解けてきているようです。
でも、マズルガードはごはんの時と夜バリケンに入れる時以外はまだ外せません。平常心の時は私の声で静止できるようになりましたが、執着する対象物が見つかったときはどうしても声だけでは言うことを聞きません。興奮状態になると抵抗するときに口が出ることがあります。我が家で暮らしている人間は私以外にもいますし、来客も比較的多い方なので本当に気をつけなければいけません。

誤解のないように補足すると、重度の咬み犬ではありません。ただ、新しい飼い主さんになるにはその人がHaloのリーダーになることが必須条件になると思います。Haloは現在私を頼っているようですが、正直なところ私は自分の力不足と戦いながらHaloと向き合う努力をしているところです。

fennel一方で世界で一番飼いやすいペット〜ジャンガリアンのフェンネルちゃんは4歳半で元気いっぱい。今日も好物のミルワームを必死で食べています。


ヨークシャーテリア
Haloが唯一無二のリーダーを求めている犬なら対照的なのはこの子。誰でもいいんです、ただ抱き上げてヨシヨシしてくれるなら。
同じ犬なのにこうも違うのね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です