ある日の夜ごはん

ワイマラナー

鶏ガラ2つ、豆苗少し&冷ごはんお茶碗半分くらい。これをまとめて圧力鍋に。

鶏ガラ

圧力かけて15分。



木しゃもじでぐいぐいやって、抵抗なく骨が崩れるのを確認。「鶏」なのでね。中途半端に火が通っただけの骨を犬に与えるのはとても危険。

リガロ

4等分と、大さじ2杯(←ダックス)。残り半分は別でふやかしておいたドッグフードを。このドッグフードは『リガロ ホワイトフィッシュ』です。「高タンパク質/ハイプロテイン」が売りのフード。olivelagoonshopでの取扱を検討するため、ただいま我が家の犬でお試し中。気を抜くとすぐに痩せる子が高タンパクフードで改善しないものか、お腹はゆるくならないかーー・・などを注意して観察しています。

完全手作りフードや生食が人気の昨今ですが、私はドッグフードメインを推奨します。生肉や手作りのものをトッピングとして混ぜてあげるのは私も楽しみのひとつにしているんですけどね。

常日頃から心に留めているのは『自分だけしか世話の出来ないモンスターを作らない』こと。
何らかのやむをえない事情で人に任せないといけなくなった時、「この子は毎日生肉か手作り食しか食べない」と条件をつけることで、世話は任せてと手を挙げてくれる人間の数は格段に減ります。生肉しか食べてこなかった犬の腸内細菌が、すぐにドッグフードを受けつけてくれる可能性も低い。
多くの愛犬家が自分の犬に100%以上の愛情をかけたいと日々の犬ライフを楽しんでいると思うけれど、『それができない場合に犬にかかるストレス』も考えてみて欲しいのです。
実際に良い時と悪い時の人間都合で振り回される犬たちを、それほど少なくない数見てきてこの考えに行き着きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。