運動は一番の長寿の薬かもしれない

いろいろなサプリやプレミアムドッグフードもいいけれど、
運動することが一番の長寿の秘訣かもしれない と最近つくづく。
Oliveが生きていたらもうすぐ15歳、同胎のコロちゃんはまだ飼い主さんと趣味のジョギングをしていて、
そのへんのワイマには負けない美しい体つき。

動物霊園でOliveの骨を拾うとき、霊園の方は骨の1本1本を説明してくださいました。
「このコは死ぬ間際まで、とてもよく運動させてもらったことが⚪⚪︎の骨の状態が証明しています。」
(⚪︎⚪︎を忘れるところがさすが私)
でも私、コロちゃんのようにほぼ毎日10km〜20kmジョギングさせるのは無理ですわ。
普通に河原をフレキシで走らせたりちょこっと泳がせたりでだいたい1時間、長くて1時間半程度でした。

Oliveの運動量に後悔があるわけではないけれど、少しでも健康の一助になればと散歩の距離を伸ばしています。

北山

きのうは6kmの山登りコース。

今日は河原だったので泳がせたり。(というか、自主的に入っていった)

夙川

何らかの理由で運動ができない場合をのぞいて、Snowyは飼い主が多少無理をしてでもがんばって運動をしていきたいと思います。多少ね、多少・・・。

Share Button

4 thoughts on “運動は一番の長寿の薬かもしれない

  • 2014年11月11日 at 10:13 PM
    Permalink

    ダンは、多摩川まで往復一時間で河原で30~40分だけど、snowyのようにチョコマカ動かないので時間は長くとも運動量自体は多くないかも…
    ダンも私も散歩に起伏が欲しいわ。
    あー、森林公園行きたい。
    八ヶ岳でも行ってやろうかな…

    海も遠いし、山も遠いし困ったもんだわ。

    • 2014年11月12日 at 9:52 AM
      Permalink

      八ヶ岳?なんかかっこいいなぁ響きが。
      今、私がはまっているのは北山の方なんだけど、犬トモがみんなシニアだから気軽に誘えないのがザンネン。海も山も川も比較的近いのは、恵まれていると思う。いや、山は近いって言うより・・

  • 2014年11月13日 at 10:20 PM
    Permalink

    私もワンコ好きの友達から「ワイマは運動量が半端ないから育てるのが大変よ」と言われていました。アスリート息子は自分の練習を兼ねて、一緒に走り倒せるようですが、自転車も持っていない・・・私が・・・MJに十分な運動をさせてあげる自信がなかったんです。
    でも、意外と1時間半ぐらいで結構歩みがダウンする。それをいいことに最近は、我が家に来た時には1時間ぐらいの楽ちん散歩にしてしまっていました。反省です。

    • 2014年11月14日 at 8:59 AM
      Permalink

      いえいえ、お預かりの実家でも1時間もお散歩に行ってもらえるなんて、MJは幸せですよ。
      ママさんがお預かりしたときは、人と歩みをあわせて歩く という練習でいいんじゃないかしら。これも実は、特に大型犬には大切なことだと思うんです。

Comments are closed.