太らせる

先日まで預かっていたゴロウ(S.Poodle♂)もそうだったんですけど、なんでしょうね、
ごはんの食べ方の下手なことよ。
まるでUFOキャッチャーの手が早回しで動いているような、
バクバクと空気も一緒に食べているような。
舌を一切使わず食べ散らかすかんじ。

この食べ方、胃捻転になりそうでヒジョーに恐い。

なので、当面は一口ひとくち手で与えることにしました。
「お手」以外のコマンドを知らない犬なので、ちょうど教えるツールにもなっていい。

☆ちなみに、大型犬に「お手」だけを教えると悲惨なことになります。
 こんなことなら何も教えないでいただきたかった。
 「お手すればOKなんだ」と理解した犬は、
 人の手や膝をバシバシと強力なスナップを効かせてたたいてくるのです。
 痛いよ、ほんと痛い。青あざレベル。
 今、止めさせるトレーニングもしています。なかなかシツコイですけどね。


さて、預かって1週間はSnowyと同じ量、同じ内容(主食はヴェラス/ラムフード)のものを与えていましたが、2日前からSnowyの約1.5倍量にしました。
太らせるためのトッピング達もデビフです。

IMG_0207

(ピンクの器がSnowy、白がピクルス※写っている薬は、去勢手術後の抗生物質です)

現在27.4kg。ガリガリ子ちゃん。さて、ここまでなると太るのに時間がかかるそうですが、
どれくらいで理想体重になるでしょう。これもまたひとつの楽しみです。

■ピクルス君は生涯大切に一緒に暮らしてくれる飼い主さんを募集しています。
ご興味のある方はまずこちらを読んでください。■

Share Button

2 thoughts on “太らせる

  • 2014年3月17日 at 9:26 PM
    Permalink

    早く飼い主が見つかると良いですね。
    パッと表情を見た感じ、確かに性格も二重丸のような気がします。
    彼が幸せになれますように。

    • 2014年3月18日 at 1:47 PM
      Permalink

      じぇいさん
      ありがとうございます。いいコですよ、ほんと。
      ドーベルの訓練能力の高さを実感しています。

Comments are closed.