12月31日。

(左:スノーウィ 右:オリーブ)
写真は、ずいぶん昔のものです。

ワイマラナー親子

これも。(仔犬:ラヴィ&プルー 右:オリーブ)
20年前の今日、我が家の初代ワイマラナー、オリーブが生まれました。

20年。

オリーブというワイマラナーに出会わなければ、ワイマライフはここまで続かなかったかもしれない。オリーブのブリーダーさんはもう辞めちゃって連絡先もわからなくなっちゃったけれど、お元気かなぁ なんて、毎年この日に思うのです。ブリーダーってその先にある家族の運命も変えちゃう、すんごい責任のある仕事です。

そして、今日のそれぞれの写真。

ワイマラナー

weimaraner一般的にワイマラナーは決して飼いやすい犬ではないと、思うのです。全身筋肉の塊の、アラウンド30キロの犬。瞬発力と躍動感に溢れ、いろいろなものに興味津々。成犬に近づくにつれて、他犬も他人も選ぶようになる。そのくせに、この人と決めた飼い主には惜しみなく依存してくる。
訓練・マナー、単純にはいかない。

けれど、オリーブと暮らし始めてから今まで1度も「ほかの犬種にしたら良かった」と、思わなかったのです。あまりに家の中でフィーバーしているので、1度ぎゃふんと言わせてやろうと思いっきりお尻をペチン!とやって、逆に自分の手の甲の骨がペキンといったことがあります。あ、そうそう。先日大掃除中にディアナに頭突きをされ、前歯のインプラントが取れましたよ。この年末年始は歯抜けのわたしです。

兎にも角にも、最低あと十数年は続くわたしのワイマライフ。
ひとまず来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


最後に お誕生日おめでとう、オリちゃん。

SNSでシェア
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  1. たかやん より:

    私もトトが来て、生活が一変しました!
    我慢強く寛容になった自分も居ますし、犬に真剣に向き合うということもまた思い出させてもらえました。
    常に私を見て一途に想ってくれる大事な家族が増えました!
    藤本さんがワイマラナーに魅せられた理由が知りたいと思っていましたが、今ははっきりと理由がわかるような気がします。
    自分が大の犬好きなんだとこちらも再確認出来て良かったです。
    犬に依存してる自分も自覚してしまいました!
    トトに支えてもらってる自分が居ます。
    今となってはトトの居ない生活が考えられなくなってしまいました!
    ワイマラナーは大の犬好きが飼うと双方幸せになれるように思います。
    まだまだ、ワイマラナー1年生の私ですが、より良い関係を築けるように努力し続けたいと思っています。
    私もトトを通した数々の出逢いに嬉しく想い感謝しています!
    これからもどうぞよろしくお願い致します!

    • olivelagoon より:

      返信おそくなってすみませーん!
      嬉しいお言葉ありがとうございます。大変なことも多い犬種だと思いますが、それをなんとか乗り越えるたびになんだか自信になるというか、愛情が深まると言うか・・
      本当に張り合いのある犬ですよねー。
      あ、山登りリスケしないとですねー!

  2. Ben より:

    Bobが来てからは、良い意味でも、悪い意味でも生活が変化した。
    でもね、心の中をほとんど占めるかけがえのない物になってる…駄目飼主。
    これもOlive、Snowy、Diana、のおかげ、で、Olive lagoonに出会わせてもらった。感謝!
    とても大切な出会いです。
    ちなみに、私は昨日Bobの頭突きで、唇バッサリ

    • olivelagoon より:

      子犬をBenさんにお譲りできて、本当に良かったと思っています。
      また今年も、どうぞよろしくお願いしまーす!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up