エミューオイルシャンプー

犬用シャンプーについて

手前味噌ですが、友人はもちろん通りすがりの人にも「どうしてそんなに艶々なの!」と言ってもらえる我が家の犬たち。わたしはそのたびに「若いっていいですよね」と返していたかと思いますが、そう言えば若いだけじゃないわきっと、シャンプーだわ。と今さら思い出したので今日はそのことについて書こうかと。

純血種を初めて飼い出した約20年前。犬のために専用シャンプーを買うなんて概念は当時の私にはありませんでした。母に「そんなの、人用のシャンプーを薄めて洗えばいい」と言われていて、それを信じていたと思います。
ほどなくしてドッグショーの世界に片足をつっこみ、周囲のショー仲間に「ちょっとフケが出たり時々ブツブツが出るんだけどね、ワイマの若い時って結構そういう子多いらしいの」などと話していた時。「シャンプーはどうしてる」と聞かれて「人用だ」と答えると「ショードッグが何をやっている!」と怒られてしまいました。(断片的にしか覚えていないけどだいたいこんなやりとり)

それからショーで師事している友人に分けてもらったのがエミューオイルシャンプーのシリーズ。我が家はほぼほぼずーーーっとこれを使い続けています。

「人間の赤ちゃん用の弱酸性シャンプーを使えばいい」という人もいますよね。獣医でもトリマーでもさらにはメーカーでも、なんだか意見が違うみたい。
こうなると何が正しいのか一般人には「??」となるけれど、理論的に言えることがあります。

人間用の弱酸性がいいと言うのは、どうして?

もしかしたら人間の肌PHが酸性だから、反発しない弱酸性がいいようにイメージしていないでしょうか。それっておかしいんですよね。だってその考えでいくと犬の肌PHはアルカリ性。犬にはアルカリ性のシャンプーがいいということになります。
アルカリ性の肌というのは比較的バリア機能が低く、真菌やそのほか外部からの刺激に負けやすいということが分かっています。犬のシャンプーはPHよりも、界面活性剤が使われていない、低刺激であることが重要なのではと考えます。(それを乱暴に「人間の赤ちゃんにも使える肌に優しい弱酸性」と唱うから勘違いが始まる)

我が家の犬たちが使っているエミューオイルシャンプーはエミューオイルが肌の補修を促し、ほのかなマンゴー的な香りとともに驚くほど艷やかな被毛になるのがウリ。界面活性剤不使用。保湿にも優れているので私は万能シャンプーとして使っています。長年使っている中でこれを選ばなかった子は全身マラセチア菌に侵された子。このタイプだけは薬用のマラセブシャンプーや塩浴させたりしていました。万能だからと言って個体の肌質を見極めることはたいせつ。

ダックスとワイマ

比較的健康な子ではわかりにくいけれど、さまざまな肌トラブルを抱えた犬たちと暮らすとその差は顕著。やはり人間と犬は肌質が違うのだから、犬の肌のために考えられた専用シャンプーを使うのが私はベストだと考えます。
まだ犬のお気に入りシャンプーを見つけておられない方はエミューオイルじゃなくてもいいよ、いろいろ出ていますよね。ぜひ自分の犬に合うシャンプーを見つけてあげてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です