Weimaraner ~ Olivelagoon

ワイマラナー*オリーブラグーンは我が家のワイマラナー、オリーブ、スノーウィ、ディアナと仲間達のサイトです。ワイマラナーおたくの世界をご覧ください

Message

olivelagoon.comは1999年、1頭のワイマラナーと出会い、家庭犬との日々の暮らしを綴りたいと趣味で始めたサイトです。
ブログでは主に日々の暮らし、病気のこと、たまに保護活動のこと、ドッグショーのことを書いています。
ご興味がおありの方は読み進めていただければ幸いです。

Pick-up記事

長年綴っている拙いブログですが「オリーブラグーンに来たらこれは読んで欲しい」という記事を集めました

胃捻転について

ワイマラナーがなりやすい病気です。発症したら、飼い主がその症状を知っているかどうかが鍵になります。★驚くことに、獣医によっては胃捻転の可能性を考えずに死に至らせてしまうことがあります。発症したらいかに早く対処できるかが生死を分けます。我が家の犬の場合を保存版記事として残しますので、ワイマ飼いさんはぜひご一読ください。

ウォブラー症候群

我が家のSnowyがなりました。この病気になった犬の飼い主は今後どうすべきか、非常に悩みます。私は外科手術という選択をしました。今ではそんなたいへんな手術をした犬ということを忘れるくらい、元気いっぱいに走り回っています。

低年齢での避妊/去勢手術を考え直すべき3つの理由

この投稿は Dogs Naturally Magazine から日本語翻訳を条件に転載許可をとっています。一般的感情論ではなく、自分の力で愛犬個体個体と向き合って考えるために必要なのは知識です。知識のひとつとしてご一読ください。

Animal Welfareという考え方

この言葉を知らない人にこそ知って欲しい。今私たちが出来ること。

Rescue

犬と暮らすには・・・ワイマラナーと暮らすには、今後15年近くの生活を犬とともに生きる覚悟をすること。やむを得ない場合は保健所に持ち込んだり遺棄する前に、購入元のブリーダーに相談するか自分で次の信頼できる飼い主さんを探して欲しいな・・と思います。この記事は、私がレスキューのことを本気で考えるきっかけになった出来事を綴っています。

ワイマラナーレスキュークラブ発足

「とりあえず、動こう!」という話になり、できるところから始めることにしました

Gallery

When I take the dogs for a walk, people passing by often tell me how beautiful and elegant my dogs are. I am very glad to hear that. On the other hand, there are times at which I cannot just stand by smiling. Sometimes I feel troubled because I have to spare time and put priority on looking after the dogs. Sometimes I painfully feel that we human beings will never be able to reach their explosive power. Despite of that, they are ones I care for most. My dogs, looking up to reach their eyes full of faith and love. Please have a look at the photos on this page. I would be happy if you can feel – even slightly – what our daily life together is like.  〜散歩をしていると、道行く人が「きれいな犬だ」「立派な犬だ」と声をかけて くださいます。飼い主、とっても喜んでいます。 一方 犬を飼うということは、笑顔ではいられないこともたくさん。 自分の時間を割いて犬の世話を優先しなければいけないことが苦痛に思える時もあります。瞬発的な力に、人間では到底かなわない力の差を痛感することもあります。 それでもやはり私にとって、彼女たちは一番に守ってあげたい存在なのです。 100%の信頼と愛情に溢れた瞳で見上げてくる犬たち。 私達の写真をご覧になって、日々のリアルな生活を少しでも感じていただけたらと思います。

Our Dogs

写真をクリックすると各犬の詳細ページへ移動します

Olive

JKC CH. Betty Blue of Twins Aquarian Jp

プライドが高くて愛情深い、最高の犬
PEDIGREE

Snowy

R.O.Gene of the Olivelagoon Jp

子鹿のような悪魔ちゃん
PEDIGREE

Diana

JKC CH. DIANA Carski Trakt (FCI)

どう育つか・・一緒に見守ってください
PEDIGREE

About Weimaraner

ワイマラナーのスタンダードについて

出典元:AKC

[JKC規定スタンダード]

体高/ ♂59〜70cm(理想体高62〜67cm)・♀57〜65cm(理想体高59〜63cm)
体重/ ♂約30〜40kg・♀約25〜35kg

コートのタイプは犬種の人気上昇とともに認定されるバリエーションが増えてきましたが、個人的には昔ながらのコートカラー:グレーまたはシルバーグレー、コートタイプはショート、これを受け継いで行って欲しいと考えています。
ワイマおたくの会
『自分の犬を自分で管理し、自分のハンドリングでショーに参加する』というコンセプトのもとにDog Showに出陳し チャンピオンまで完成させた犬達です。 彼らは普段、普通に家族と家庭犬として過ごし、週末になれば飼い主と早起きをしてショー会場に出かけました。 自分自身の手で愛犬を扱うことで『犬を管理すること』の意味を改めて学び直し ショードッグとしてのリンク上での見せ方も少しだけ身につけることができました。 ショーとは容姿・歩様はもちろん、ハンドラーがどれほどその犬の良い所を引き出せるか、 犬とどれほど意思疎通ができているかをジャッジされるものです。 この世界にはプロと呼ばれる方もいらっしゃいますので、素人ハンドラーには厳しい道程でしたが、 犬種を真摯に勉強するにはとてもよい経験をさせてもらったと思います。
日本のワイマラナー第一人者と言ってもいいワイマーランドがブリードした犬です。気品、威風堂々とした体格と落ち着き、すべてが素晴らしい犬でした。

Carren

Weimar Land JP Ellegance Carren/INT.CH & JKC CH.
カレンの子どもです。カレンから受け継いだ大きな体格と明るいキャラクターで、当時のショーを席巻しました。

Sage

Dreaming Weimar JP/INT.CH & JKC CH.
セージの交配相手としてアメリカから輸入した子です。生後6ヶ月でアメリカチャンピオンになりました。olivelagoonのスノーウィのお父さんです。

Rio

Black Forest Rio Del Oro/ AM.CH.
ドリーミングワイマーから生まれたスペシャルボーイです。オーバースペシャル(ノンタイトルの犬がチャンピオンに勝つこと)、パピーキングなど、華やかな賞歴を残しました。

Fars

Dreaming Weimar JP Chester/JKC CH.
20年ほど前の当時のドッグランドハルさんもまた、ワイマラナーに力を入れていました。小ぶりながら構成の綺麗な子でした。

Zilch

Accessory of Mie Crown House JP/JKC CH.
細くてシャイな子で、構成が綺麗なところ以外は決してショー向きの子ではなかったのですが、飼い主さんの日々のトレーニングにより見事インターチャンピオンまで完成しました。"努力は報われる”を飼い主とともに体現した子です。

KELLY

Weimar Land JP Ellegance Kelly/INT.CH & JKC CH.
セージ×リオの子です。ケリーの妹として迎えました。スノーウィと1歳違いで、たくさん遊んでもらいました。

Grace

Dreaming Weimar JP Divany Grace/JKC.CH.
Olivelagoonを始めることになった犬です。ワイマラナーの魅力を私に教えてくれました。Oliveのページへ

Olive

Betty Blue of Twins Aquarian JP/JKC CH.

CONTACT

このサイトに関するご感想・お問い合わせ・私への連絡などは以下のフォームに入力して「Post」ボタンを押してください。内容を拝見し、返信が必要と感じたものにはできるだけ早く返信いたします