トライペット Duck & Salmon

寝ていると一見、どれがどれだか分からない大きさになってきていますが、体つきに注意してみると明らかにオスとメスで違いが出てきています。
特に、スカル。

ワイマラナー子犬

・・・ちょうど同じような角度の写真があったので並べてみたけれど、、これって分かりにくいかな;
左の子の方が、鉢(頭頂部の幅)が張ってきているのが分かりますか。手足の骨も、メスのマドレーヌ(右)に比べて1.5倍ほど太いような気がします。こうして日々ホルモンは活発に動いて、成長に必要な分泌を繰り返しているんだなぁと思ったりして。あと2日で生後7ヶ月。ホルモンって、性の分別以外にも免疫力や恒常性、内臓・関節や骨の生育にとても大切なものなんですよね。


さて、olivelagoonshop で予てから好評販売中の Tripet。我が家の子犬たちには試していなかったんですけど、何を食べても(桜の枝の太いところのような)良いう○こをしなさるので、「そろそろいいかな」と試してみることに。
なぜ慎重になっているかと言うと、これは私の個人的経験から来る見解。
多くの犬が大変好むと言われているトライプですが、強烈な個性のあるものは得てして毒にも薬にもなる。整腸に作用する子もいれば、慣れない個性に調子を崩す子もいる。雑食の家庭犬にとってトライプとは、嗜好性の食べ物かな、と思っていますから。

Petkindトライプ今日は Duck & Salmon 味を開けました。ご存じのようにトライプは草食動物の胃の内容物なので、ダック&サーモンは身、基本は牛さんのアレが入っています。
写真の白いのは、脂ですね。

トライプ

お湯をかけてほぐすと、なかなかの畜産フレ〜バ〜。ルーイ君うきうきの図。(何を作っていても基本はうきうきしていますが)
昨晩の我が家はこれをトッピングとして、 Verusラム をベースにしました。なかなかの量を3分ほどで完食。そしてその後、空のお皿で5分ほど余韻を楽しんでおりました・・。


一晩あけて。
今日も快便・快食・快眠のようです。よかった。

ワイマラナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です