Pick-up 記事

胃捻転について
ワイマラナーがなりやすい病気です。発症したら、飼い主がその症状を知っているかどうかが鍵になります。★驚くことに、獣医によっては胃捻転の可能性を考えずに死に至らせてしまうことがあります。発症したらいかに早く対処できるかが生死を分けます。我が家の犬の場合を保存版記事として残しますので、ワイマ飼いさんはぜひご一読ください。[記事を読む]
Animal Welfareという考え方
この言葉を知らない人にこそ知って欲しい。今私たちが出来ること。[記事を読む]
ルンバの威力
フワフワ舞わずともそれなりに抜けている極短毛種の毛。これはルンバの使用レポートです。[記事を読む]
ウォブラー症候群
我が家のSnowyがなりました。この病気になった犬の飼い主は今後どうすべきか、非常に悩みます。私は外科手術という選択をしました。それからというもの最期まで、そんなたいへんな手術をした犬ということを忘れるくらい、元気いっぱいに走り回ることができました。[記事を読む]
Rescue
犬と暮らすには・・・ワイマラナーと暮らすには、今後15年近くの生活を犬とともに生きる覚悟をすること。やむを得ない場合は保健所に持ち込んだり遺棄する前に、購入元のブリーダーに相談するか自分で次の信頼できる飼い主さんを探して欲しいな・・と思います。この記事は、私がレスキューのことを本気で考えるきっかけになった出来事を綴っています。[記事を読む]
低年齢での避妊/去勢手術を考え直すべき3つの理由
この投稿は Dogs Naturally Magazine から日本語翻訳を条件に転載許可をとっています。一般的感情論ではなく、自分の力で愛犬個体個体と向き合って考えるために必要なのは知識です。知識のひとつとしてご一読ください。[記事を読む]
ワイマラナーレスキュークラブ発足
「とりあえず、動こう!」という話になり、できるところから始めることにしました。[記事を読む]
ワイマラナーの運動量について
飼う前の人に必ず質問されること。人間が潰れてしまわないように、やみくもに体力で勝負せずに頭を使おう。無理な強制運動は犬にもよくありません。[記事を読む]
Scroll Up