パイナップル(2月27日のお昼ご飯)

友人が、お預けしたためにガリガリに痩せてしまった愛犬を1週間で2.3kg増やし元の体重に戻しました。
私は彼女達の病後、1年かけて1kgしか戻せていない。あと2kgは欲しい。
やれば、出来るのだ!胃固定を言い訳にしている場合ではない。わりと良い物を食べさせている方なのにアバラが浮き出ているのは悔しいじゃないですか。(いろんな意味で)


と、いうことで、1日3回のごはんの給餌量を各10%ほど増やすことにしました。1日で30%増える感じです。厳密ではないけど。
けれどそうするとなんか・・そのせいでしょうか。なんでしょうこの室内全体がまるで温泉街さながらの硫黄フレーバー。彼女達は大量の毒ガスを排出するようになりました。

本気で「良いオナラ」と「悪いオナラ」をググったくらいです。
異様に臭いオナラは「悪いオナラ」。肉や卵などのタンパク質が細菌で分解される時に臭くなるらしいのです。
昼はグレインフリーフードを食べさせているし、卵黄や生肉など、比較的タンパク質系が多いことは多いのかな。

そんな折、また別の友人が毎食にパイナップルを食べさせることにしたと言いました。
パイナップルは強力な消化酵素が含まれているんですって。

↓さっそく真似っ子。


お昼の後夕食まで、なんとなくオナラはなかったような・・。
毎食はいきなり恐かったので、とりあえずお昼だけにしてみたのですが。
夕食を食べてリビングで熟睡しながら今また、部屋が毒ガスで満たされて行きます。

空気清浄機も真っ赤になって仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です