外遊びをしていない夏

台風が なかなか来ない 昼下がり。

外気温車に設置されている外気温計と言えど、これほど高い気温があったでしょうか。(あったかも)とにかく、暑い。犬には厳しい。SNSが知らせてくれる『過去のこの日』に投稿している写真には、31℃で森の中を愛犬と散歩している自分がおりますが、今年はヤバい。気温の数字がどうの、アスファルトの熱さがどうのというより、『ワイマを外に出すなら要注意だ』と、私の鈍った第六感がそう囁くのです。


ワイマラナー犬にとって、外を歩くことはとても重要 ー と言われており、それにはまったく以て同意ですが、何が何でも毎日外に出すことはないと考えています。
毎年何十頭もの犬が熱中症になり、その一部は不幸にも命を落としていると聞くじゃないですか。肉球の重篤な火傷も。犬のお世話は日々のルーティンワークになっていることも多いと思いますが、この時期は犬本体の状態をいつも以上に観察して、臨機応変に付き合いたいものです。


ダックスフンドダラダラしております。この子はもうちょっと、外でリードをつけて歩く練習をしないといけないのですが・・・まぁ、ゆっくりやっていきます。


友人が姉弟のツーショットを撮ってくれました。普段はママ似、パパ似にわかりやすく分かれたなーなんて思っていましたが、この写真を見るとやはり同胎なんだなと思えます。『ワイマラナーショートヘアード』とひとくちに言っても、その血統、そのブリーダーが作りたい方向性で随分タイプが変わってくるんです。犬舎を聞かなくても、「あそこの犬でしょ」と分かることもあります。

ブリーダーから犬を迎えたいと思ったら、その犬舎がどういうタイプの犬を作ろうと目指しているのか、自分はどういう子を迎えたいのか、そのブリーダーと今後犬を通して長く付き合っていけそうか・・などを念頭において、リサーチしてみるといいかもしれません。
私の知る限り幸いなことに、信念をもってブリードしているワイマのブリーダーは、ブリーダー側もオーナーを選べる立場にあります。お互いがひとつの命を通して良い関係を築けたら、素敵ですね。

OLIVELAGOON SHOP で新発売

夏バテ予防に!弱った内臓粘膜の保護に!
コラーゲンの王様もみじのスープ
8/21までのオーダー分は8/22製造分をお届けします


Spread the love

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up