ウォブラー症候群

ウォブラー症候群

我が家のSnowyがなりました。この病気になった犬の飼い主は今後どうすべきか、非常に悩みます。私は外科手術という選択をしました。それからというもの最期まで、そんなたいへんな手術をした犬ということを忘れるくらい、元気いっぱいに走り回ることができました。

当時の出来事をピックアップしてリストにしました。 < ウォブラー症候群 >

 

※古い記事なのでかなり写真が抜けています。それでもどなたかの参考になれば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です