誕生日

12月は我が家族達のお誕生日ラッシュ月です。
不思議なんですけどね、父、母、甥。これら人間に加え、OliveとSnowyも。
どうやら12月誕生の生き物(変な言い方?^^;)に縁があるようです。


Olive & Snowyの話。
ベビーやパピーの頃の彼女達は、見ているだけでとろけそうになりました。数時間、いや、まる一日眺めていても飽きなかった。すべての物事をありのままに吸収するようなブルーアイに惹きつけられっぱなしでした。
やがて1年。また1年と齢を重ねるにつれその瞳は、以前と変わらず澄みきったまま、少しずつ理知性を身につけてきたように思います。喜びや悲しみ、痛み、愛を経験したような。
ガウガウのかわいい動物から、ヒトとイヌという生物学上の種族を越えて心を寄せ合う家族になる時。これはワイマラナーに限りませんね、ファミリードッグとして飼っている犬の最大の魅力だと思います。

さてOliveは、この1年チョコチョコと病院のお世話になりました。
彼女が1歳の頃、ワイマ飼いの先輩に言われたことがあるんです。「8歳にね、1度大きな病気をするコって多いんだよ。で、それを乗り越えたらまた4歳くらい若返るの」その時は(そうならないといいなぁ。。。それにしても不吉なこと言うなぁ。。)くらいの生意気な気持ちで聞いていたのですが、今年始めの毛胞炎、夏終わりの子宮蓄膿症と、まさにその通りになったんです。やはり先輩の話は聞いておくモンだ。
やがて8歳の壁を乗り越えたOliveは、若犬に戻ったように毎日Snowyと遊んでいます。

毎年毎年 彼女達と一緒に生活できる喜びを感謝できますように。
そんな思いでいつも12月は、犬用ケーキを注文したり、特別な乾し肉をプレゼントしたり。
私にとって『犬と人間は違う』だけど、『家族を大切に思う気持ちに犬も人間も、ない』のです。

↑右|2008.12.9. Snowy4歳のお誕生日ケーキ。左|2008.12.31.Oliveは9歳の誕生日を少し早めに。

↓ケーキを食べている3分半ほどの動画です。Snowyの性格の悪さも惜しみなく公開してマス;よければご覧下さい。

Share Button