マカロニのこと。

水頭症が見つかったマカロニ。先日、我が家のかかりつけ医のご厚意でエコーをとってもらいました。

水頭症のエコー・・・素人にはわかりにくいけれど、どうやらこれで、確かに2cmくらい水が溜まっているのが確認できるらしい。

1度トライアルに出た先の獣医さんは、抜歯くらいなら麻酔時間も短くて済むからやった方がいいかもしれないけど、避妊は子宮蓄膿症になった時に考えましょう、この子は一生抗生剤を飲ませるべき とおっしゃったそうです。

翻って我が家の獣医の見解は、これくらいなら避妊も抜歯も麻酔に問題はない(もちろん普通の犬同様100%ではないけれど)、何も表に症状が出ていない今、やっちゃっておいた方がいいでしょう。症状が出ていないから現状は普通の犬として暮らせる、薬も必要ない。とのこと。

私としても万一将来、子宮蓄膿症になった場合、手術時間は症状のグレードによって大幅に変わるので、麻酔時間はもっと長く見積もるべきだろう。と、先の獣医さんの診断には疑問がありました。
それと、何か起こるのであれば里親先ではない方がいいだろう、懸念事項はできるだけ潰しておこう、と思い、マカロニが属するLey-Lineさんと相談の上 我が家のかかりつけ医にお任せすることにしました。

ワイマラナー
ー マカロニががんばっている日、私とディアナは今期後半戦のスタートを切っていました。ポインティンググループ牝の参加がなく、連合展にしては少し寂しいショーでしたが、確実に去年の今とは違うペアになってきているはず!・・という手応えも感じることができました。

友人がオーナーハンドラーでショーに参加し始めたことも嬉しい。


・・・さて。
↓マカロニ、抜歯前の歯。(汚い・・・)

スケーリング前

抜歯
← 抜いた歯。


スケーリング

ん?んんん・・・!?
スケーリングして、こんなに残してくれた!「私もね、もうちょっと抜かないとダメかなと思ってたんだけど、意外と大丈夫だった」と先生。嬉しい。もう歯のない子になるとばかり思っていただけに。スケーリングでこんなに綺麗になることにも驚きました。・・だって私、小型犬飼ったことないんだもの・・・。

ヨークシャーテリア我が家に戻ってきたマカロニ。ワイマラナー達に執拗にニオイチェックされています。病院のニオイ、他の犬のニオイ・・・。もしくは、「どこ行ってたの?」とかかな。


ヨークシャーテリア

呆然としているので、傷口を舐めないなら と、試しにエリカラを外してみました。
うん、大丈夫みたい。エリカラを外すといつものように嬉しそうに歩き始めましたよ。

なんだか顔もスッキリしたような・・・。避妊手術も同時に終え、生まれ変わったマカロニです。
なんとも性格の良い子です。小型犬にありがちな、恐怖や要求で吠えることは一切ありません。
穏やかで、ちゃんとお世話してくれる里親さんが見つかるといいなー。

マカロニに興味のある方は Ley-Line まで。

Share Button