3月の最後に思うこと。

先日書いた3つの予定は無事終わりました。
特に成果は得られなかったものの、連日犬友だちと楽しいひとときを過ごせました。

ショーに関しては、成果がないと「プロに預けたら?」という人もいますが、自分の犬に箔をつけることだけが目的ではないのでちょっと違うんですね。早くチャンピオンにして繁殖に使いたいのでもないし。
同じ考えをもつ友人たちと、あーでもないこーでもないと日々練習して本番に挑んで、当日はわいわい集まって1日楽しめて。そのご褒美がいつかタイトルという形で現れる。それが私のショーイングに対する基本姿勢です。
これはオリーブの頃から、ずっと。

ドッグショー

この日初めて着たユニクロで買った一張羅のジャケット。ポケットにトライプのフードを直入れしたせいだと思います、洗濯から返ってきても犬にとっては強いニオイが残っていたのでしょうね。ポケットを中心にズタズタのボロボロにされました。犯人は間違いなくスノーウィだと思いますわ・・・
気持ちを切り替えてまたガンバレってことですかね。


さて、先日パーシモンを連れて行ったLey-Lineさんの譲渡会。天気予報が雨マークだったせいか人の集まりが思っていたよりも良くなくて。2頭決まりましたが、そのなかにパーシモンは入りませんでした。シニアは長期戦になることが多いと聞きます。けれど決まるときは、不思議なくらいすっと決まるもの。パーシモンの家族との出会いはもう少し先になりそうです。

01

今までパーシモンのフード入れは簡易で買ったメラミンの器でした。食事の際は私がずっとその皿をもって保定していましたが、もうしばらく我が家にいそうなのでパーシモン用のフードボウルを新調しましたよ。高さもあるので、これでひとりで食べられる。

バセンジー

慌てる必要なんて何もなくて、ゆっくりと、良い方向に歩いていけたらいいのかな と。

Share Button