早かった、秋

最初のうちはいろいろと怒られていたお泊まり預かり犬・グレゴリーも、後半はすっかりパックの一員になって、そして慣れた頃に飼い主さんのもとに帰って行きました。

ワイマラナー

人間が教えられることは人間界でのマナー。オトナ犬が教えられることは、犬社会のマナー。いつのまにかスノーウィも上手になりました。無礼な行いに対して、絶妙なタイミングで「ひぃっ」と言わせるくらいのレベルで叱ること。

ワイマラナー

いつのまにかスノーウィももうすぐ11歳。また首に不具合が出てきました。5歳の時の大手術は経過良好なのですが、どうしても他の骨に負担が来やすくなるんですね。MRIの結果 やはり他の骨が異形成を起こしていて、それが時々神経に触れるのではないだろうか ということでした。簡単に言えば頸椎ヘルニアでしょうか。所見から、やはり足の方(前十字靱帯)の痛がり方じゃないと思っていたのです。
「できれば外科手術なしで寿命を全うできれば」と先日書きましたが、いずれディアナの胃固定でお世話になろうと思っていた先生が、首でもカテーテル術ができるとのこと。手術時間は約1時間、日帰りが可能ということで、それだったら・・・ということで話を進めました。
痛くて起き上がれない朝がある、それ以外は元気。人間でも頸椎ヘルニアの方は痛み止めでなんとかやり過ごす人が多いみたいですし「犬にそこまでしなくても」という方もいらっしゃるかもしれません。
私としては体に負担の少ない手術をすることによって、スノーウィの残りの人生 犬としてたまには少し長めのお散歩に行ったり、ちょこっと走ったりという楽しみを取り上げなくて済むのなら という思いで決めました。私が高級ブランドの鞄を1つがまんしたらそれが叶うのです。(そもそも買わないけど)
手術は今月20日の予定です。


ディアナはだいぶ人慣れしてきたので、ショーイングをゆるゆると始めました。タイトルを獲ることが目標ですけど、その過程も貴重な勉強だと思っているので、oliveの時同様 基本的にオーナーハンドラーでがんばってみるつもりです。下手くそなのでディアナには苦労をかけると思いますが。

ドッグショー

ドッグショーの季節到来!やるぞ〜!!と思っていたところ、ディアナに初めてのヒートが来ました。予測はしていたのですが関西最大のショー、大阪インターは今年は出ません。大きな大会で大勢の観客にお見せできるほど まだ私たちのコンビは上手じゃないですしね。ゆっくりやります。

ペットオムツ

10月は暑かったりいきなり寒くなったり、加えてこういったことが重なったので、秋をゆっくり感じるひまもなく冬がやってきそうです。スノーウィとディアナのおかげで、彩り豊かに暮らせています。たとえ咳がひどくても、体がだるくても働いて治療費を稼がなくてはいけなくても、犬生活十分満足ですよ。いやホント。

Share Button