サルスベリ

8年ほど前。犬のカレンダー企画で裏面にコラムを載せたいと思い、文章の上手な知り合いに寄稿をお願いしたことがありました。
それは、夏の暑い日に大往生で亡くなった愛犬のヨークシャーテリアのお話。
その日は本当に見事なサルスベリが咲き誇っていて、毎年、サルスベリが咲いたのを見る度にその犬を思い出す。というもの。
その文章は言霊に溢れていて鮮明に状況を浮かべさせ、そのヨーキーに会ったことのない私も、毎年サルスベリを見るこの季節には、かの犬を偲ぶのです。

人間って、誰か大切な人が亡くなった日の光景って、鮮明に遺るものなのかもしれません。
そういえば父が亡くなった日は大きな牡丹雪がずっと静かに降っていて、黒い車の中からそれを見ていた。
情景かもしれないのですが、それが20年以上経った今でも鮮明に遺っています。

サルスベリ

【カレンダー写真 〆切間近!】====================================
ワイマラナーオーナーの皆様、ならびにジャーマンショートヘアードポインター(GSP)飼い主のみなさま、今年も皆で写真を持ち寄って、ファンシャーカレンダーをつくりませんか?
ずいぶん集まってきていますが、まだの方はぜひ!

募集期間は 7月2日(月)〜8月12日(日)
応募詳細はこちら→ WEIM + GSP カレンダー2013

================================================================

Share Button