Festina lente

少し、ご無沙汰していました。Dog Calendar もデザインをなんとか予定期日に発表出来て、ひとまず気持ち的に落ち着きました。十数年続けたこの企画も、ここで一旦お役目を終えることになりました。長い間参加してくださった方ありがとう。


ディアナは先日、出産後初のドッグショーに参戦してきましたよ。だるだるだったお腹も見られる状態に戻っているでしょう?

ワイマラナーphoto by ms.Hanako


お肉の緩さや骨盤の絞まりはまだまだだけれど、少しずつでもこの空気に戻って行けたらと思って参加しました。私も、久しぶりにショー友たちに会えて嬉しかったです。

ワイマラナー子犬子犬たちは、お外デビュウを果たしていますよ。
初めはリードをつけて外に出ることも、車が横を走りすぎるのも、ひどく怯えるものなんです。でもこれも、2日、3日と繰り返すことで徐々に慣れていく。

通常はまだ1頭ずつ外に出しています。左脚即で上手に歩くことや、ハンドターゲットの練習がメイン。あとは、週に2回くらいを目安にみんなで自由に追いかけっこ。


成犬と同様かそれ以上の量を食べるし、便も決してゆるくないけどまだまだお痩せ。これもまた、そのうちちゃんとしたところに落ち着くはず。大型犬の子犬って、この時期はだいたい1週間に1キロペースで増えていくんです。あっちこっちが順番に成長するから、体のバランスも崩れる。きっとこの子たちも大きくなるんだろうな・・。という予感。

ワイマラナーの首輪
現在子犬たちが着けているのは、35cmのチョークカラー。主にショー会場でしか手に入らないシロモノです。ディアナが着けているのは、45cmのアメリカンカラー、バーガンディ色。これは olivelagoon shop で手に入りますよ。なにげに宣伝。

ワイマラナー子犬チョークカラーをしていない手前の子はボブです。グレー子ちゃん。立派なサイズになっていました。一番小さく生まれたルーイも最近ではマドレーヌと大差なくなってきたなぁと思っていたのですが、同じ男の子が並ぶとやはりちび太郎と呼びたくなる。
こうして巣立ってからも近況を知れたり、会わせてもらえるって有り難いことです。

・・・なんだか久しぶりのブログのせいか、取り留めのない近況報告になってしまいました。ひとつだけ、今回の記事で書きたかったことがあります。タイトルの “Festina lente(フェスティナレンテ)”。意味は、『ゆっくり急げ』。いろいろ焦ることもあるし、何かもっと他に良い方法があるのではとアタフタ思い巡らせることってあるじゃないですか。私だってあるし、他の人からもワイマラナーのことで時々相談を受けたりするんです。あれもこれも試したけどどうしていいか分からない・的な。

やるべきことを地道にやることが、一番の近道だってことなんですわ。焦ってあれこれと半端に手を出すことは、わりと無駄なこと。

ワイマラナー

慌てない、慌てない・・です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up