巣立ち前(残留含む)の記念撮影2.

(左から)マドレーヌ(olivelagoon)、みどり子ちゃん(♀ 仮名&オーナー募集中)、ヒモ子ちゃん(仮名)。昨日往診に来てもらい、残りの全頭にもマイクロチップの挿入が完了しました。チップの登録名義は特別な理由がない限り、olivelagoon の私のままにしておくことをお願いしています。オーナーとなる方にはもちろん信頼して子犬の一生をお任せするのですが、万が一の事態が起こった場合でも最終的に私のところに連絡があれば、どこかの保護団体にご迷惑をかけたり、殺処分になどとなることもないから、という保険の意味で。


さて、前回に続き、単体写真を撮りました。

ワイマラナー子犬

この子は『この』ちゃん。生まれた時の体重は350g。顔が、パパのリンカーンによく似ているなーと時々書いていた子です。鼻鳴きが聞こえる思ったらだいたいこのちゃん。何が不満か。パパとママのように、立派な体格の落ち着いた子に育ちますように。

続いて、ブルー子ちゃんは『ルーイ』という名前をもらいました。生まれた時の体重は230g。一番小さく生まれた子ですが、安心の大きさに育ってくれました。

ワイマラナー子犬

名前はつけてもらいましたが、ルーイは olivelagoon 残留組です。座ったときの姿勢がイッチョコマエにディアナにそっくりで、会いに来た多くの人の心を捉えたルーイ。家の中にあるいろいろなものを見つけてきてはカジカジしているのもだいたいルーイ。歩いている人の足に襲いかかっているのもだいたいルーイ。

そして今日最後に載せるのは『みどり子ちゃん』(仮名)。生まれた時の体重は412g。

ワイマラナー子犬

抱っこすると一番ズシッと来ます。穏やかでボーッとしているようで、食事のときは自分の分をいち早く片づけ、他の子のものも強引に奪いに行こうとします。みんな食欲すごいんですけど、群を抜いています..。
マニアックなお話ですが外見はディアナのお父さん、サブのすばらしいヘッドを受け継ぎ、ショートバック(背が短め)という貴重な形を持っています。歩様は今のところ大したことありません(おい)。

ワイマラナーマニアであれば、一番理想的な見た目ではないかと思っていたみどり子ちゃんがまさかの一番最後まで残った子。みどり子ちゃんのみまだオーナー募集中です。
興味のある方はこちらへ読み進めてください。 > 2018 summer

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up