Day 12. 目が開きはじめました

個々多かれ少なかれありますが、昨日から少しずつ開いてきています。

ワイマラナー子犬

『この目はこれから、優しい人達、美味しい食べ物、きれいにお掃除されて快適な部屋、青空、緑の平原などを見る目になる』
これは、ブリードをした私が毎回子犬の目が開いた時に誓うことば。

オーナーさん募集を再開しています。
希望のお問い合わせをいただくなかで、ありがたいことに「ずっと以前からオリーブラグーンを読んでいた」とおっしゃってくださる方も多いんです。長く続けていてよかった・・。今はただただ「可愛い」だけの生き物ですが、実際の子犬との生活、そしてその先の筋肉質な大型犬との生活のリアルを想像できる方々とお話を進めさせていただきます。興味のある方はこちらのページへ読み進めてください。 > 2018 summer


さて。
目が開き始めたのを機に、子犬のリボンをコードに揃えました。パラコードを長さ調整ができる留め結びにするんです。ディアナのパパ〜デンマークのブリーダーに聞いて真似しちゃいました。もうわりと個体識別できるんですけど、誰が見ても分かるように。

ワイマラナー子犬

緑のリボンだった子は緑に、茶色のリボンだった子は茶色に。最初につけたリボンのカラーとできるだけ揃えました。2頭だけ色変更。「リボンなし子ちゃん」と呼ばれていた一番小さな男の子にはブルーをプレゼント(変更?)。白いリボンだった女の子は白いコードってのも何だか味気なかったので、ピンクにしました。

パラコード赤いリボンの子は赤に、紫の子はバーガンディに・・・。あっっ(;_;)分かりにくい・・ (←ネットで買った)・・・こんなことなら素直に紫を買えばよかった。。オリーブラグーンショップにあるアメリカンカラーのバーガンディはいい赤紫ですよ!

これからしばらくは色で呼ばれます。もう個性が出始めているので、ここを読まれている皆さんもぜひ見分けてみてください。

*追伸*
Dog Calendar 2019 写真募集!本日から始まっています。ぜひお早めのご応募を〜!!

カレンダー写真応募

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up